エアコンを早く取り付けたい場合は!?

世の中にはたくさんの職人さんがおり、職種によって忙しいシーズンも変わってきます。年間通してそれほど繁忙期が決まっていないという職人さんもいますが、エアコン取り付けをする電気工事業者や空調屋さんのように夏場極端に忙しくなる職種の人もいます。実際夏前から夏真っ盛りまでエアコン取り付け工事はかなりの忙しさになるのが普通です。エアコンというのは暑くなったから急いで取り付けるわけではないような気がしますが、決して真夏になってからエアコンを改めて初めて購入しているというわけでなく、いよいよエアコンを稼働させ始めたら、壊れてしまったなどの事例も多いのです。特別エアコンを使用しない冬の時期はわからなかったものの、もう寿命が近づいていていざ夏本番になってから壊れてしまったというわけです。今の日本の真夏は1日でもエアコンなしで生活するのはきつい暑さですので、夏にエアコンが壊れた場合などは緊急に新しいエアコンを取り付けしてもらう必要があるでしょう。しかし先ほど述べたように繁忙期にはなかなか工事業者が捕まらない可能性もあります。そんな時はなるべく最短で工事可能な業者をネット上で探すようにしましょう。

最短で翌日工事可能な業者も

カレンダーもし自宅の近所にある工事店や電気屋さんしかエアコンの取り付けを頼める業者がないとすると、その業者さんがスケジュールが詰まっていると、当分の間エアコン取り付けをしてもらえないということになってしまいます。夏の暑い時期にエアコンを取り付けなければいけない場合にはそんなに待っている余裕はないと思いますので、なるべく最短で工事をしてくれる業者を探す必要があります。どのようにしてそのような工事業者を見つけることができるのでしょうか。1番良い方法はインターネット上で見積もりから工事業者選定まですることです。最近では様々な商品やサービスに関するインターネット上の一括見積もりサービスが人気となっていますが、エアコン取り付けの工事に関しても同じことがいえます。

複数の工事業者の見積もりを一括して行ってくれるサイトなどがありますので、単純に1番安い取り付け業者を選ぶというためにも用いることができますし、今回のケースでいうと最も早く工事をしてくれる業者を探すということも可能です。全国対応してくれているサイトもありますので、自分がどこに住んでいるかには基本的に関係なく工事業者を探すことができます。当然スケジュールさえ空いていれば最短で翌日工事も可能です。もちろん繁忙期はどこの業者さんも忙しくしていると思いますが、いくつかの業者に当たることによってたまたまスケジュールが空いている業者さんを見つけることもできるかもしれません。

古いエアコンの取り外し依頼も忘れずに

もしかするとエアコン取り付けに関して、古いエアコンの取り外し工事のことをすっかり忘れている方も多いかと思います。あるいは古いエアコンの取り付けも当然全体の工事の中に入っていると考えている方もいらっしゃいます。しかし基本的にエアコン取り付けの工事に関しては、取り外し工事と取り付け工事は全く別になっており、それぞれに費用がかかってきます。もちろん古いエアコンの取り外しの必要があるかどうか業者の方で確認してくれるとは思いますが、取り付けを依頼する側としても、エアコン取り外しの費用がかかるということを認識しておきましょう。

エアコンの取り外し工事にはポンプダウン作業、室内機を室外機の取り外し作業、そして配管パイプ類の取り外し作業が含まれています。特に配管パイプ類の取り外し作業は場合によってはなかなか骨の折れる作業となります。最後に配管穴のパテ埋めをしてくれます。これらのエアコン取り外し工事にかかる費用は業者によってまちまちですが、おおむね6万円位から1万円以内のところが多いです。エアコン取り付け工事の依頼をする場合は取り外し必要なエアコンが何台あるかをきちんと伝えて正確な見積もりを取るようにしましょう。

古いエアコンやクーラーの廃棄処分にも費用がかかる

大型の家電に関しては処分する場合にリサイクル料が必要になってきます。冷蔵庫や洗濯機に関してもよく言われることですが、エアコンを廃棄処分するためにも家電リサイクル法のリサイクル料が必要です。この処分費用というものも地域によって差が出てきますし、業者によってもどのくらいの費用で引き取りや処分してくれるかが変わってくるでしょう。こうした面でも一括見積もりサイトを利用することによって、ある程度処分費用がどれくらいかあらかじめ把握しておくことができます。

その見積もりサイトが紹介している業者は一律の価格で処分費用設定していることが多いからです。東京や大阪などの都市圏では無料で処分してくれるという業者もありますし、地域によってはやはり1万円以内の費用がかかってくるところが多いです。エアコンやクーラーを廃棄処分するためにはこうした工事業者に依頼する以外にも、家電量販店に引き取ってもらえることや自治体の引き取りを利用するという方法もあります。不用品回収業者に処分依頼することもできますが、怪しげな回収業者に依頼してしまうとそのまま不法投棄されてしまう可能性もありますので十分注意が必要です。1番安全なのはやはり取り付けを依頼する業者に古いエアコンの廃棄処分も依頼するという方法でしょう。

まとめ

エアコン取り付け業者を見つける方法はいろいろありますが、今の時代ではスマホやコンピューターで簡単にネット上の一括見積もりを利用することができます。最短で工事をしてくれる業者も見つけやすいですし、全国どこでもなるべく安い取り付け費用の業者を見つけることも可能です。それに加えて見積もりサイトで工事を依頼することによって平日限定の割引を利用できることや、工事費用のキャッシュバックなども利用することができるかもしれません。きちんとフリーダイヤルを設けているような会社であれば、ネットで見積もりをするよりも、直接電話をかけて相談した方が急ぎの場合には早く対応してもらえるでしょう。エアコン設置、取り外し、移設などどのような場合でも対応可能な見積もりサイトを利用してみましょう。