新築でエアコン取り付けをする際の注意点

新築の家を建てたならば、さまざまな設備を導入しなければいけません。その1つとしてエアコンがあります。新築の家にエアコン取り付けをしたいという需要はたくさんあるのです。新築の家を建てる段階ですでにエアコンも一緒に取り付けてもらうということも可能なのですが、家を建ててから改めてエアコンを購入するというケースも少なくありません。

ただし、新築の家にエアコンを取り付けるならば、いろいろな点について注意しておかなければいけないでしょう。さまざまなトラブルが発生してしまうこともあるからです。そこでこちらでは新築の家にエアコンをつける際に注意しておくべきことについて教えましょう。どのような点を意識しておけば良いのか解説します。

壁の穴について

家エアコンの取り付けが一番問題となるのは壁に穴をあけることでしょう。エアコンというのは室内機と室外機によって構成されています。そして、これらはパイプによってつながった状態となっているのです。そうすることによって、室内に冷たい空気を送り込んだり、あるいは暖風を流すことができたりします。しかし、こちらの穴は新築の家にはないことが多いです。新築マンションであればすでに穴が開けられた状態であることが多いのですが、新築の戸建ての場合は穴が設置されていないことがほとんどです

そのため、これから新築の家にエアコンを設置する際には、まず穴を開ける工事をしなければいけないでしょう。そしてこちらがトラブルに発展する可能性があります。たとえば穴を開けることによって柱や筋交いが損傷したり欠損してしまうことがあったりするのです。これは取り返しのつかないトラブルとなってしまうでしょう。きちんと建築の知識を持った業者に依頼をしましょう。きちんとした知識や技術がなければ穴の開け方がおかしくなってしまい、さまざまなトラブルが発生してしまうのです。

現地調査をしてもらう

新築の家にエアコンを設置する際には慎重にならなければいけません。すでにエアコンが設置されていて、それを取り外して新しいものを取り付ける場合にはあまりトラブルになることはありません。すでにエアコンが使える環境が整っているからです。しかし、新築の場合はエアコンを利用する環境がしっかりと整っていないことがあります。そのため、工事の際には標準工事だけではなくてオプション工事も必要となることがあるのです。

新築の家に設置するエアコンについては事前に現地調査を依頼することをおすすめします。そうすることによって、本当に必要な工事についてきちんと提案してもらうことができるでしょう。そしてオプション工事も含めた見積もりを出してもらうことができます。まともな業者であれば、無料で現地調査に応じてくれるはずです。それを嫌がるような業者はあまり信用できないでしょう。

工事は引っ越し前にしておく

エアコンの取り付け工事については新居に引っ越しをするまえに済ませておくことをおすすめします。たとえば壁に穴を開ける場合にはそれによってホコリや塵が待ってしまうでしょう。それが室内や家具を汚してしまうことになります。工事に時間がかかってしまうこともあり、すでに生活している家で工事をされるのに抵抗のある方も多いでしょう。そのため、引っ越し前にエアコンの取り付け工事をしてもらった方が楽なのです。

注意点としては、エアコン取り付けをしてくれる業者というのは繁忙期があるということです。忙しい時期には数週間先まで予約がいっぱいになっているというケースも少なくありません。そのため、早めに予約をすることによって、エアコン取り付けにすぐに対応してもらうと良いでしょう。家が完成する時期が分かっているならば、早めにエアコン取り付けの業者に予約をしておきましょう。